フィギュアでも調味料でもなんでもOK!重なるアクリルケースの凄さ

重なるアクリルケースは小さな収納ケースが縦横にたくさん並べられるもので、置き場所に応じて縦横の比率を変化させるとそのスペースにぴったりの収納ケースを作ることができます。

フィギュアなどのように収集してからキズや汚れをなるべくつけたくないものはアクリルケースに収納するのが一般的で、安くて軽いのでたくさんのアイテムをしまうことが可能です。

また地震の揺れが大きくてもガラスケースのように割れることがないので、短時間で原状回復することができます。最近では日本全国で地震が頻発しているので、大切にしているアイテムがあったら強くて割れにくいアクリルケースに収納すると安心です。

また軽量なので上から落ちてきたり、全体が倒れてきてもケガをすることがないので、安心してタンスの上などに置いておくことができるのも魅力です。

丸いタイプの重ねられるアクリルケースは料理に使われることが多く、砂糖やしょうゆなどの調味料や、ハーブなどのたくさんの種類があって混乱しやすい調味料をきれいに並べて整頓することができます。

たとえばカレーを作る時に使用するハーブならば、使用する順番に左から収納しておくとわかりやすくて使いやすくなります。

和食ならば砂糖と塩、だしの素などを順番に入れておくと料理を作る手間が省けます。調味料は基本的には常温で保存するものなので、ケースに入れて整理しておけば長期間保存することができます。

無印良品で人気のアクリルケースは、仕切りがついているので、必要なだけ仕切りをして重ねることができます。これができるとたくさん使う砂糖などは収納部分を大きくして、あまり使わないハーブなどの場所は狭くして調節することができるので非常に便利です。

小さなタイプの重なるアクリルケースはガチャガチャコーナーで手に入れたアイテムや髪飾りなどの無くしやすいアクセサリーをしまうのに効果的で、すぐに無くしてしまうピン留めなどは小さなケースに入れるようにしておくだけで無くすことはなくなります。

サイズが大きなケースは洋服をたたんで季節ごとに収納すると衣替えをするのに便利で、きれいにたたんで収納できるので、袋などに入れてそのまま押入れに入れておくよりもきれいな状態で保存しておくことができます。

またマンションなどの収納スペースにもぴったりなので、ネクタイや靴下、ハンカチなどをアイロンをかけてきれいに畳んだ状態で長期間収納することができて非常に便利です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です